ハイドロキノンはシミ対策の強い味方!その効果と作用について知ろう

 

最近になってシミ消しケアといえば「ハイドロキノン配合」がおすすめなんていう雑誌の記事が目につくようになりましたね。
日本のスキンケア業界でも美白成分として注目度が増してきた「ハイドロキノン」ですが、アメリカでは早くから医薬品やスキンケア製品に配合され、ホワイトケアはハイドロキノンといわれるほど、一般的に広く使用されてきました。

 

そんな「ハイドロキノン」の効果や作用や使い方などについて紹介していきます。

 

 

ハイドロキノンとはどんな成分なの?

 

ハイドロキノンは、シミやそばかすなどを薄くし、さらには色素沈着などの予防効果もあるとされる美白成分。

 

名前だけ聞くととても怖そうな成分に見えますが、実はとても身近な成分なんです。

 

 

ハイドロキノンは、もともとはイチゴ、麦芽、コーヒー、紅茶等に含まれる天然成分です。

 

 

これまで日本では、その効果・効能の高さから医師の管理下のもと医薬品として皮膚科などでのみ使用が許可されていました。

 

しかし、2001年の化粧品への規制が緩和され以後、ハイドロキノンも化粧品(スキンケア製品)に配合できる美白有効成分となりました。

 

一般的に1〜5%の濃度のハイドロキノン製品が流通しているようですが、アメリカでは安全に使用できる濃度である2%未満まで。それ以上は、医師の処方箋が必要となります。それだけデリケートな成分で、濃度や肌への影響など含めて注意深く使用する必要があります。

 

 

ハイドロキノンはアルブチンなどの100倍もの効果があるのは本当?

 

ハイドロキノンは、以前からいわゆる美白ケアというものに配合されていたアルブチンやビタミンC、プラセンタなど従来のホワイトケア成分と比較すると、美白効果が10〜100倍ともいわれています。

 

また最大の特徴は、メラニンの還元作用(元に戻す機能)があること。

 

そのため、シミの予防だけでなく、すでに出来てしまったシミや色素沈着への効果も期待できるとされています。
メラニンは、紫外線を浴びて酸化することによって黒く、濃くなりますが、ハイドロキノンはこの酸化を還元する(元に戻す)ことでメラニンの色を淡色化させ、すでに出来てしまったシミへも働きかけ、目立たなくしてくれます。

 

この還元作用は、通常の美白成分には含まれていないハイドロキノン独自の効果と言えます。

 

このシミを薄くできる効果が今までの美白スキンケアではなかなか実感できませんでしたが、ハイドロキノン配合の化粧品の登場でシミで悩んでいる人にも希望がでてきたと言えます。

 

 

シミができる仕組みを理解することがシミ対策の近道

 

シミを予防したり薄くしたいと思うならば、シミがどのような仕組みでできるのかを理解することからはじめましょう。

 

私たちの肌には表皮と真皮が存在し、表皮はケラチノサイト(表皮細胞)とメラノサイト(色素細胞)などから形成されています。4つの層を持つ表皮の中で、真皮に近い基底層に存在するメラノサイトがシミの原因となるメラニンをつくり出しているのです。

 

 

1.紫外線の影響を受けて活性酸素が発生
2.メラノサイトの増殖によりメラニンが生成
3.ターンオーバーの乱れなどでシミが排出されずに定着化

 

 

ハイドロキノンは濃度と安全性で選ぼう!効果を急ぎすぎないで!

 

ハイドロキノンはシミを予防する効果に加えて、シミを薄くする効果もある成分です。

 

「今すぐにでもシミをなんとかしたい!」と思っている方は、つい高濃度の4〜5%のハイドロキノン製品を選びたくなってしまうかも。

 

ただし濃度が高い場合は、肌に与える刺激の強さにも注意が必要となり、自己判断でネットで購入するのはとても危険です。
高濃度のハイドロキノンを使いたいと思うなら、皮膚科に相談にいきましょう。

 

皮膚科に行ってシミの相談をするとハイドロキノンクリームが処方されますのでそこで濃度や効果について希望をつたえるといいでしょう。

 

 

安全性で選ぶなら2%以下の濃度

 

安全性を一番に考えるならハイドロキノンの配合濃度が1〜3%のものがおすすめです。
特にアメリカでは2%以上は医師管理の下での使用としていることを考えると、2%未満がより安全性は高いといえます。

 

ビーグレンのホワイトケアに入っているクリームは濃度が1.9%なので安全性に関しては大丈夫と言えます。

 

 

ハイドロキノンでシミ消しは今では常識?!

 

シミや色素沈着は一度出来てしまうと、スキンケアだけでは「もう取り返しがつかない」というイメージを持っている方も多いですが、ハイドロキノンの出現でそのイメージを覆えされました。
シミがなかったあの頃の肌にもどしてくれるという還元作用こそが、今までの美白化粧品になかった働きであり、シミで悩む女性たちが一番欲しかった効果ですよね。

 

ハイドロキノンの化粧品を選ぶときには

  • 安全性
  • 自分の肌にあっているのかどうか

 

この2点に注意して選んでみてはどうでしょうか。

 

ビーグレンならホワイトケアのトライアルセットがありますので、ハイドロキノンが自分の肌にあうのか合わないのか確かめることができます。
理想の肌になるために1歩前進してみましょう。

 

>>ビーグレンのホワイトケアのトライアルはこちら