ビーグレンでシミが消えない人には共通点があった?!すぐにやめないで

 

 

ハイドロキノンを使用し、独自の浸透技術QuSome(キューソーム)を使って浸透力を高めたことで他のスキンケアとは一線を画しているのがビーグレンのホワイトケア。

 

ビーグレンホワイトケアを使った人の口コミにはいろんな意見がたくさんありました。

 

ビーグレンで満足できたひともいれば、全然満足しなかったという人もいるのは事実。

 

そこで、ビーグレンを使ってみて、満足できなかった人たちの口コミの傾向をチェックしてみることにしました。

 

そこからわかったことがいくつかあったので紹介していきます。

 

ビーグレンの効果が実感できなかった人にはこんな理由があったかもしれません。

 

・ハイドロキノンが効くシミじゃないシミに使っていた
・紫外線対策を怠っていた
・使ってすぐに効果がでるとおもっている
・使い方が間違っている

 

 

ハイドロキノンが効くシミじゃないシミに使っていた

ハイドロキノンには生成されてしまったメラニンを還元する機能があります。

 

この作用は通常の美白成分には含まれていないハイドロキノン独自の効果なのでビーグレンに期待する人も多いでしょう。

 

ですが、ハイドロキノンは効果があるシミとそうでないシミがあることを知らずに使っている方が結構いるみたいです。

 

ハイドロキノンは万能に見えて万能ではないんですね。

 

効果があるのは、主に肌の浅い部分(表皮)に出来たシミだけ。
肌の深部(真皮)までに浸透してしまったシミには効果を期待しにくいとされています。

 

ハイドロキノンで効果があるシミ

 

  • 紫外線の影響でできたシミ
  • 最近できたシミ
  • 薄いシミ
  • 炎症後色素沈着
  • 肝斑
  • そばかす

 

ハイドロキノンでは効果がでにくいシミ
  • 昔にできた濃いシミ
  • イボのように隆起したシミ
  • 太田母斑(主に目の周りを中心に現れる青色から黒みがかった小さな斑点)
  • クマ、ほくろ、あざ

 

自分の顔にあるシミがどんな種類のものなのかがわからない場合は、皮膚科で見てもらいましょう。
効かないシミに刺激のあるハイドロキノンを使っていても意味がありません。

 

 

紫外線対策を怠っていた

 

紫外線を浴びれば浴びるほど、肌はメラノサイトを増殖させる指令を出します。
また、メラノサイトは子どもよりも大人の方が多い傾向にあり、加齢と共にシミが出来やすくなるのは、単純にメラノサイトの絶対数が増えているというのも原因の一つです。

 

ハイドロキノンがシミを作らせないように肌に働きかけているのに、紫外線を浴びまくっていては本末転倒です。

 

しっかりとした紫外線対策をしてこそハイドロキノンの効果が実感できると考えましょう。

 

 

使い方が間違っている

 

 

スキンケアを購入しても使い方の説明をじっくり読む人は少ないかもしれません。

 

そのため、使い方をしっかり読んでいない場合は自己流の使い方になってしまっているケースが多いようです。
ハイドロキノンが配合されたQuSomeホワイトクリーム1.9の間違った使い方の例はこんな感じです。

 

 

  • 夜専用なのに昼も使っている
  • 顔全体に使うクリームなのにシミにピンポイントで使っている

 

ビーグレンのホワイトクリーム1.9は顔全体に使うクリームです。
使い方が書いてある本にもスポット使いはNGとあります。

 

スポットで強い成分を使うと、かえってその部分が白抜けしやすかったり、
劣化しやすいハイドロキノンを開封後1ヶ月で使い切るということができなくなってしまいます。

 

また、夜だけしか使ってはいけないという注意を見逃しているケースが多々あるようです。

 

ハイドロキノンを昼間に使ってしまうとどうしても紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

 

肌を危険に晒さないためにも夜のみの使用を守らなくてはいけません。

 

ハイドロキノンはシミの還元作用が高いというメリットがある反面、使い方には注意が必要といえますので、自分の肌の反応を確かめながら使うようにした方がいいと思います。

 

 

使ってすぐに効果が出ると思っている

 

ビーグレンのホワイトケアのトライアルは7日分。
さすがにこの期間でシミが消えることはないのではいないでしょうか。

 

口コミでは
「トライアルセットを使ってみましたが、シミは薄くなりません」
「現品を使い始めましたが、1本ではまだ効果が実感できません。継続しようか迷っています」

 

などとあります。

 

即効性があるというサイトもありますが、スキンケアで劇的に変化するとしたらそれはあまりに危険とも言えます。

 

レーザーでシミを焼くのならまだわかりますが、塗り薬よりも効果が低いスキンケアですぐにシミは消せません。

 

「使い続けるとシミが濃くなった気がする」

 

という口コミもありますが、これは、肌が明るくなったため、シミの箇所が目立ってきたと考えられます。

 

それで余計にあせって、昼も使い始めたりしてはいけません。

 

シミに変化が現れはじめるには、時間がかかるという風に考えておくといいでしょう。

 

 

まとめ

 

このように、ハイドロキノンはシミの還元作用がとても高くシミケアに選ばれる有効な成分なんですが、一方では非常にデリケートな一面もある難しい成分です。
使い方を間違えると効果がでないばかりではなく逆効果になるケースもありえます。

 

「早く結果を出したい!」という強い思いがある人程、あせって使い方をまちがったりしてしまいます。

 

長い時間かかって出来たシミはじっくりむきあう必要があるということを頭に入れてケアをしていきましょう。

 

また、赤みや痒みなのの症状があっても、良性反応かもしれないと勝手に決め付けないで、すぐに使用をやめる勇気をもってください。